メニューブック作成

2009年6月 1日地産地消

最近よく耳する言葉ですね。

正しくは

地域生産地域消費

です。

yasai.jpg

 

 

もともとは色々な野菜を栽培することによる、

 

栄養の偏りの是正や、

稲作一辺倒の農業に対するリスクヘッジだったり

するみたいですが、

意味合いとしては、読んで字のごとくです。

地元で作ったものを地元で食べよう!

でいいかと思います。

TS350401.jpg

 

道の駅や直売所などがその役割を担っていて、

地元の人や観光客にも人気のスポットですよね。

農家の方の安定にもつながるし、

地元に対する理解度も増え、伝統文化の保護にもつながる。

それに流通の距離が短くなればなるほど、

偽装などはしずらくなりますよね。

一番のメリットは何と言っても新鮮でおいしいということです。

母親の実家のある長野に行くと、

大体いつも地元で朝とれた野菜を買って食べます。

野菜だけのてんぷらをよく食べますが、

単純に旨いんです。

何と言うか・・・うまく言えないのですが、

体の隅々までとってもすがすがしい気持ちでいっぱいになるんですよね。

ビールもいつもより旨く感じます。

 

日本は人口に対する飲食店の割合がかなり高い

外食大国です。

にもかかわらず、食料自給率は最低の数字です。

しかも食品に対する認識や、

食材に対する環境も、決していいとは言えないです。

有機・スローフード・地産地消・・・・。

言葉の概念だけの流行語で終わらないことを願います。

 

「飲食店の繁栄は人類の繁栄」

これは弊社の経営理念です。

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

バーガー?ドーナツ? <<前の記事 ブログトップ 次の記事>> やきとり屋さんで感動
飲食店 開業 track feed 飲食店の販促支援をしています!
販促支援事業部スタッフブログ
あわせて読みたいブログパーツ にほんブログ村 企業ブログへ
pagetop