メニューブック作成

2009年1月21日看板のインパクト

今日は朝からテンポス首都圏行脚でした。

弊社販促支援事業部の取り組みを少しでも様々な飲食店経営者の方に知っていただきたく、 またお手伝いできれば幸いと。

看板ポスター作成のチラシを入れ込むのに、色に遊びをもたせようと、みなみ君に何種類かのポスターを作ってもらいました。

どの色が一番反応があるのか?とね。

しかし色の反応を見る以前に置かれるシチュエーションの方が大事なんだなぁと。

DSC04468.JPG

 

まずテンポスの店舗は造作に一切お金を使っていません。

元家具屋とか、元倉庫とか。 そのシチュエーションに合わせて店作りをしています(たぶん)。

だから照明だとか、入口の配置だとか、 既存の状態に合わせて店作りをせざるを得ません。 だからこそ様々な工夫が存在して、お店の個性がでるのかと。

最初に行ったテンポス相模原店。 暗いんですよ、とにかく。 でも整然と商品が並んでいて、 どこにどんな物が置いてあるかはすぐにわかります。 だからポスターは燃える色で目立たせよう!

DSC04476.jpg

明るく存在感があります。





 次は八王子店へ。
明るくてどんな物でも見渡せます。 ひとつひとつの物をじっくり見てとれるので、シンプルで分かりやすいのがいいです。

DSC04471.jpg



看板はあくまで人目を引くためにあります。

 お店の内容を伝えるのは人目を引いた後の話。 どんな魅せ方をすればいいのかは、 業種・業態によるところではなく、 その立地条件に合った魅せ方をすればいいということを再認識。

視認性とインパクト。

 そして一目をひいたあとに、ここはあなたに何を与えてくれるところなのか? 端的にわかりやすく教えてくれるのが、 看板の役割なのかなぁと。

 

 

あ、スチール製のA型看板。

 

テンポス首都圏各店舗にて格安価格にて販売中です!

 

雨ニモマケズ、風ニモマケズ

あなたのお店の営業マンになってくれます!

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

ポスター・・・色の違いでどうかわる? <<前の記事 ブログトップ 次の記事>> たまごの誘惑
飲食店 開業 track feed 飲食店の販促支援をしています!
販促支援事業部スタッフブログ
あわせて読みたいブログパーツ にほんブログ村 企業ブログへ
pagetop